サービス案内

依頼された分析結果については下記のファイルを用意してCD-R、DVD またはUSBフラッシュメモリで郵送します。
分析結果データとビデオファイルがほとんどリンクされています、つまりデータを見るだけでは十分ではないので、考え方としては例えば自チームの分析をする時に, データで自チームの
ショートパスネガティブ(ミスパス)数字を見て、グラフィックスでそのミスパスがどこで起こったか、またはだいたいどの辺で怒っているか把握する上で実際に継続的にビデオファイルで
ミスパスシーンを見ることによって、自チームの選手の育成または課題を改善のために次のトレーニング計画などができます。

これは相手チームであればミスパス状況を把握する上でウィークポイントが分かったり、先ほどの流れで成功パスの状況を把握したうえで、相手のパスコースの中心的な選手がわかるので
その選手を機能しないように作戦を立てれば相手のストロンググポイントを崩すこともできます。

分析結果データは下記の4種類のものを用意します。

  1. コメントWORDファイルです
  2. データはEXELファイルです サンプルをご覧ください
  3. グラフィックスデーターはEXELファイルです
  4. ビデオファイル(パソコン用)

データ (数字&グラフィックス、ビデオとリンクされています)

データーはほとんどビデオファイルと同じ項目でリンクされています、

  1. 確定の選手のプレイのすべてのデーター (撮影の際にボールを触った選手の名前か背番号がわかるようにしてあれば可能、通常料金に3人まで含まれています。3人以上のスカート依頼の場合にはご相談ください。)
  2. ボールを奪われるデータ
  3. ボールを奪うデーター サンプルをご覧ください
  4. ロングパスネガティブデータ(ミスパス)
  5. ロングパスポジティブデータ(パス成功)
  6. セカンドボールを奪うデーター
  7. シュートデーター(オンターゲット、オフターゲット)
  8. 得点&失点シーン
  9. ショートパスポジティブデーター(パス成功) サンプルをご覧ください
  10. ショートパスネガティブ(ミスパス)
  11. クロス&コーナーキックすべてのデーター
  12. オプション(依頼に応じて別の項目で用意できます)
  13. オプション(依頼に応じて別の項目で用意できます)

 

グラフィックスデーターのみ

  1. ピッチの8分割のグラフィックス サンプルをご覧ください
  2. ピッチ8分割グラフィックス上でのパス数の割合 サンプルをご覧ください
  3. 選手全員のパフォーマンスデータ ポジティブ サンプルをご覧ください
  4. 選手全員のパフォーマンスデーターネガティブ
  5. 相手と比較的データ サンプルをご覧ください

ビデオファイル

  1. 攻撃シーン。(自チームの攻撃、相手チームのディフェンスを分析できます)
  2. ディフェンスシーンシーン(自チームのディフェンス、相手チームの攻撃を分析できます)
  3. ボールを奪われるシーン
  4. ボールを奪うシーン
  5. ロングパスシーン(ミスパス)
  6. ロングパスシーン(成功)
  7. セカンドボールを奪うシーン
  8. クロス&コーナーキックシーン
  9. 注目のポゼッションシーン
  10. シュートシーン(オンターゲット、オフターゲット)
  11. 得点&失点シーン
  12. ショートパスシーン(成功)
  13. ショートパスシーン(ミス)
  14. オプション(依頼に応じて別の項目で用意できます)
  15. オプション(依頼に応じて別の項目で用意できます)

 ◆オプションについては上記13項目以外の依頼人の指示でこのようなシーンも見たいと依頼があれば用意できます、その旨を分析が始まる前にご相談ください。