サッカーと解剖学、整形外科的問題・・(肘)

スポーツ選手やコーチ人を応援します、特に育成に関わるサッカーの指導者たちの役に立てるあらゆる情報を提供いたします。サッカーゲーム分析ソフト、サッカートレーニングメニュー計画ソフトの紹介、サッカー選手の栄養プログラム、育成年代の選手に必要なトレーニング、フィジカルトレーニング等を紹介します。サッカーに関するあらゆる情報を提供いたします。育成年代の適切なトレーニング方法やメニューはトレーニンググランドで紹介いたします。サッカー選手がなりやすい、怪我の紹介。


hiji hiji

肘関係の骨;

尺骨、とう骨、上腕骨 ※上腕骨の膝関節部分の内側と 外側にそれぞれ外上課と内上課 といいます。

その他;

正中、神経

肘に発生する主な傷害;

  • ①とう骨、正中、尺骨神経損傷 → 三角市で固定

  • ②肘関節の障害、脱臼→重傷時, 肘関節の変形を確認,損害があった場合、痛くないようにシーネで固定、医療機関に連れて行く

  • ③上腕骨課上骨折

  • ④外上課骨折

  • ⑤内上課骨折(上腕骨内上課請請骨端核の骨折)

  • ⑥内外上課骨端線りかい(りだんせい軟骨炎)→ 靭帯損傷、尺骨神経麻痺)(野球肘ともいう)

  • ⑦MONTEGGIA骨折→同時に尺骨, 骨折、とう骨とう脱臼

BACKBACK NEXTNEXT

TOP > ABOUT > スポーツ医学 > スポーツ心理学 > スポーツ社会学 > トレーニング科学 > トレーニンググランド > 選手育成 > お問い合わせ > ブログ > 会社概要 >

特定商取引法に基づく表示 > プライバシーポリシー