サッカーと解剖学、整形外科的問題・・(関節)

スポーツ選手やコーチ人を応援します、特に育成に関わるサッカーの指導者たちの役に立てるあらゆる情報を提供いたします。サッカーゲーム分析ソフト、サッカートレーニングメニュー計画ソフトの紹介、サッカー選手の栄養プログラム、育成年代の選手に必要なトレーニング、フィジカルトレーニング等を紹介します。サッカーに関するあらゆる情報を提供いたします。育成年代の適切なトレーニング方法やメニューはトレーニンググランドで紹介いたします。サッカー選手がなりやすい怪我の紹介。

身体の構造や仕組み、動く関節や器官の解剖的仕組みをよく理解するとけがの起きる状態や重症度を正しく判断できるようになります。また、けが、障害の予防のためのトレーニングを考えるためにも基本知識が必要です。サッカー選手に起こりやすいけがとその外科的な論理を多少なりとも理解しておかないと大事な選手の将来の夢を奪うことにもなりかねません。左側の各器官と関係のある骨、筋肉、神経、血管、靭帯の種類や位置を把握しておきましょう。そして器官に関する外科的な問題も理解しておけば、けがや傷害が起こった際にもっと専門的に理解できるでしょう。

関節


関節の動き;

それぞれの関節で動く範囲が決まっている

  • ①伸展

  • ②屈曲

  • ③回転

  • ④内転

関節の一般構造;

  • ①関節砲

  • ②線維膜

  • ③滑膜

  • ④骨端軟骨

膝関節の構造;

  • ①関節砲

  • ②関節砲の外側には靭帯

  • ③関節砲のうち側には関節液を供給する滑膜

  • ④骨端には関節軟骨

  • ⑤関節部の骨はお互いにフィットしやすい形

  • ⑥フィットしない時には半月版などの線維軟骨が補う。

BACKBACK NEXTNEXT

TOP > ABOUT > スポーツ医学 > スポーツ心理学 > スポーツ社会学 > トレーニング科学 > トレーニンググランド > 選手育成 > お問い合わせ > ブログ > 会社概要 >

特定商取引法に基づく表示 > プライバシーポリシー