サッカーと解剖学、整形外科的問題・・(肩)

スポーツ選手やコーチ人を応援します、特に育成に関わるサッカーの指導者たちの役に立てるあらゆる情報を提供いたします。サッカーゲーム分析ソフト、サッカートレーニングメニュー計画ソフトの紹介、サッカー選手の栄養プログラム、育成年代の選手に必要なトレーニング、フィジカルトレーニング等を紹介します。サッカーに関するあらゆる情報を提供いたします。育成年代の適切なトレーニング方法やメニューはトレーニンググランドで紹介いたします。サッカー選手がなりやすい怪我の紹介。

肩、かた、Sholder,サッカーで怪我、外科的問題,整形外科

肩 (かた)

kata

肩関係の骨;

鎖骨、上腕骨、肩甲骨、胸郭





筋肉
三角筋、広背筋、層帽筋、大胸筋

健板;
小円筋、肩甲下筋、きょくかきん、きょくじょうきん

靭帯
けんほうさこつじんたい、うこうさこつじんたい、うこうけんほうじんたい
うこうじょうわんじんたい

その他;
けんほう、うこうとっき、だいけっせつ、しょうけっせつ、
けんほうかかつ液胞、大結節上腕二頭筋長頭、

関節;
胸鎖関節、肩鎖関節、肩甲上腕関節

その他;
腋下動脈(鎖骨下に)、上腕骨頭、(内側に神経、血管を走っている)

肩の安定性を支えるのは;
きょくかきん、きょくじょうきん、小円筋、肩甲下筋

肩に発生する主な傷害;
肩関節脱臼→注意→神経そう麻痺
鎖骨骨折→注意→腕神経そう、動静脈損傷
  応急手当→救急車来るのを時間が掛かる用であれば
  三角市で八の字包帯
鎖骨骨折と鎖骨関節脱臼 (同時に起こる)
えきか神経麻痺→自覚脱出
インピンジメント症候群→けんばん損傷、鎖骨と衝突が起こる
上腕二頭筋長炎、大結節上腕二頭筋長頭の損傷
関節しん損傷

肩のせいてき安定性;
骨、軟骨、靭帯、関節唇で支える

肩の動的安定性;
肩関節かいせいけんばんで支える

肩関節脱臼
医師によって整復されたら、10日~4週間アームスリングで固定し、安静を保ちます。ここで安静を保つことによって、習慣性の脱臼を防ぎます。習慣性の脱臼では、肩関節のまわりの組織(関節包や靭帯など)がかなりいたんでいることが多く、手術が必要な場合もあります。
肩鎖関節脱臼
軽度のものは、1~2週間アームスリングとテーピングにより固定し、痛みが軽減したら徐々に運動を開始します。重度のものはアームスリングで6~8週間固定します。損傷の程度によっては、手術で鋼線などにより固定することもあります。
鎖骨骨折
アイシングを行ったうえで、軽度なものは、肩関節を支持し胸をはった姿勢を保つために、8の字にバンデージを巻きます。重度のものは、脱臼同様、鋼線などで固定する手術を行います。しかし、鎖骨は骨がつきにくい部分があるので、完全治癒しない場合があります。
包帯方法などについて詳しくご覧ください
http://www.sports-n.com/injr_bsc/htm/02i-j.htm




BACKBACK NEXTNEXT

TOP > ABOUT > スポーツ医学 > スポーツ心理学 > スポーツ社会学 > トレーニング科学 > トレーニンググランド > 選手育成 > お問い合わせ > ブログ > 会社概要 >

特定商取引法に基づく表示 > プライバシーポリシー