スポーツ社会学

スポーツの社会科学を学ぶ意義

日本サッカー協会B級コーチ育成講習会で学ぶ項目の一つはスポーツ社会科学を学ぶ意義として下記のように説明している。 指導者(コーチ)の使命・役割については、スポーツの発展の2つの方向性、すなわち「高度化」と「公衆化」の両面からとらえることができる。 両者の比量の置き方に違いはあるにせよ、「高度化だけ」「公衆化だけ」しか視野に入れない指導者はありえない。そして指導者(コーチ)は、 スポーツの高度化と公衆化に貢献することによって、スポーツの価値を高めることにあると言えるだろう。


つまりスポーツの価値は、スポーツの社会学の学習によって理解することができることによってスポーツ・コーチの使命は;
高度化によって強化、競技力向上(レベルアップに貢献する。公衆化によって普及、スポーツのすそ野拡大に貢献する。 究極の使命は、スポーツの価値を高めることである。


ここで学ぶ目次だけを下記に紹介しましょう、興味がある方にはこれらをキーポイントとして役にたてればと思います。またさらにもっと知りたい方は 次のページで紹介する文献、論文など推薦図書を参考にしてしらべたらよいでしょう。 これらの文献などは日本サッカー協会B級コーチ育成科目スポーツ社会学教科書に書かれてあるリストです。


文化としてのスポーツ


体育とスポーツの違い
スポーツの文化的・社会的内容
アマチュアリズムとプロフェッショナリジム (コラム)

スポーツと社会、スポーツを取り巻く諸要素の捕らえ方


スポーツと地域
スポーツの国際化
スポーツのビジネス化
スポーツとメディア
社会変化とこれからのスポーツ
英国スポーツの現状 (コラム)
CSRとJリーグクラブ

スポーツの集団と組織


チームのとらえ方
クラブの捕らえ方
アソシエーションの捕らえ方
チームの集まりがクラブ(コラム)
あこがれは心のエンジン (コラム)

クラブ運営の理論と実際


スポーツと法学
スポーツクラブの法人化と財源
スポーツクラブの事業論
成功しているクラブの実践事例 (コラム)
ホームアンドアヴェイ方式の学習 (コラム)

BACKBACK NEXTNEXT

TOP > ABOUT > スポーツ医学 > スポーツ心理学 > スポーツ社会学 > トレーニング科学 > トレーニンググランド > 選手育成 > お問い合わせ > ブログ > 会社概要 >

特定商取引法に基づく表示 > プライバシーポリシー