トレーニングの負荷

育成年代のてトレーニングの進め方は年齢やレベルに合わせて計画的にすることが大事である。獲得させたい技術や個人戦術をトレーニングする際には段階的に負荷をかけていくのは望ましい。例えばボールフィーリングのトレーニングの際には広いスペースで目の前に何にもない状態でのボールタッチの練習の負荷はオーガナイズで工夫し、マーカ、コーン、相手等を使ったり、スペースを狭くすることによって負荷が変わります。行きなり一番難しい状況の中で練習をスタートしてもレベルによって選手は上達しないことも多いです。ステップバイステップで選手にまず低負荷でスキルをできる経験させ、感覚を覚えさせないといけません、トレーニングの中で選手に負荷になることが下記にまとめてあります、状況に合わせて調節しましょう。

1-ボール;育成年代でボールなしのトレーニングをまずできるだけ避けましょう、フィジカルトレーニングもボール使いながら十分できるので、現在ユーロッパでのユースのフィジカルトレーニングはほとんどボールを使うことが進められます。

2- スペース;トレーニングやドリルを行うグリットや場所を狭くしたり、広くすることによって負荷が変わります

3- 時間;時間の設定によって体力的に負荷も調節できるし、何かを何分以内にやりましょうというルールを付けて場合でも時間内で達成するために精神的なストレスとモチベーションが変わります。

4- ルール;ドリルや練習の時に行われることに対して条件付けたりルールを設定することで負荷が変わります。

5- ゴール;ゴールの置き場所、大きさ、数(例えば4ゴールゲーム)などで負荷が変わります

6-相手; 相手がいることによって、相手の人数(例えば6対3のポゼッションゲーム)などで負荷が変わります。

7- 味方;味方がいる、いない、人数などで負荷が変わります、例えば1vs2のDFの練習を行ったときに1に対して二人DFしないといけない状態。。。 

8- ストレス;ドリルや練習に勝ち負けの条件、競争を取り入れることによって選手にかかるストレスも負荷になります。。

この基本的なことを意識しながら行われるトレーニングは効果的です。 選手を変えるのは指導者のコーチング技術と知識です。。。。


 

 

 

TOP > ABOUT > スポーツ医学 > スポーツ心理学 > スポーツ社会学 > トレーニング科学 > トレーニンググランド > 選手育成 > お問い合わせ > ブログ > 会社概要 >

特定商取引法に基づく表示 > プライバシーポリシー