トレーニングのオーガナイズ

指導者は計画したトレーニングを行う際には; 改善したい⇔伸ばしたい⇔獲得させたい技術、個人戦術などを選手の年齢   技術判断力体力によって

1-グリットの大きさ

2-ゴールの設定、配置

3-人数

4-スタートの位置

5-配給

6-条件・ルールの設定

7-ディフェンス、オフェンスのコントロール

8-その他

をコントロールする必要があります。上記の項目は実際トレーニングが行う際に必要なオーガナイズに 含まれている要素であります。
ただし事前に計画したトレーニングは本番になった時状況が変わったしまった時にトレーニングを計画通りにそのまま実 現することが混乱を起こす場合もあります(天気、選手の人数、怪我状態、など)そのときに状況にあわせてトレーニング メニューを変えることできる指導者はグッドオーガナイザーです。

指導者はグッドオーガナイザーになりましょう、


 

 

 

 

TOP > ABOUT > スポーツ医学 > スポーツ心理学 > スポーツ社会学 > トレーニング科学 > トレーニンググランド > 選手育成 > お問い合わせ > ブログ > 会社概要 >

特定商取引法に基づく表示 > プライバシーポリシー