サッカー指導法

サッカー指導実践〈中盤の守備〉実際の実践から

中盤の守備をテーマにして、実際に指導実践を行ってもらいました。そこから振り返る内容を考察したいと思います。 この記事をご覧頂ければ、中盤の守備の改善が期待でき、このテーマを通じて、サッカーの原則や見方を深めることができると思います。
育成年代の想い

育成年代のあるべき姿を目指して

サッカーは自由であり、自分で判断して実行するのが面白いところ。本当の事由とは何なのか?を解説したい。星野君の2塁打のような出来事は悲劇と呼ぶしかない。
育成年代の想い

サッカーは遊び!Play(プレー)なんです!

台風の3連休となりそうですが、練習や試合が中止になることを心のどこかで待ち望んでいる子どもはいませんか? これが遠足や遊びにいく予定なら、荒天で中止になることを望む子どもはいないでしょう。でも…
サッカー指導法

サッカー指導実践《中盤の守備》

サッカーのライセンス講習会等で試験として実施される指導実践ですが、今回は中盤の守備というテーマを取り上げます。
サッカー指導法

勇気をもって講習会に!

エビングハウスの忘却曲線を理解し、それがサッカーの指導者講習会などでどのように活かされているかを確認することで、ライセンス講習会や研修会へモチベーション高く挑めるように、お話を展開したいと思います。
サッカー指導法

サッカー指導実践〈チャレンジ&カバー〉

サッカーのライセンス講習会で必須となる指導実践試験の整理と対策を解説します
育成年代の想い

サッカーをしている子どもを笑顔にする方法

日本サッカー協会が推進する「暴力根絶」の活動はなかなか広まっていかない。私たち指導者や保護者は、子どもたちのために何ができるのかを考察したい。 難しいことではなく、誠意をもって子どもに寄り添うことが肝要です。
サッカー指導法

サッカー指導に原理原則が必要な訳

育成年代の指導においは、予定通りにいかない事の方が多く、相手がいる試合になるとなおさらです。だからこそ、トレーニングにおいては事前のプランニングが大切で、限られた時間を無駄にしないことが重要になってきます。同時に、長い目で見ると、育成年代...
育成年代の想い

育成年代に関わる全ての人のために

タイトルとURLをコピーしました